11月23日(土)

 NO,089(最近あった仕事内容の事 ロフト編)

 

 
 当店に来場頂くお客様のなかで ある有名メーカーのクラブが

客 「随分安く手に入れる事が出来た!」 

と 当方へ久しぶりに来られた しかも そのクラブを買ってから二日目に持ってこられた その時の会話です。

店 「値段の “高そうな” クラブですね」

客 「58万円のクラブを 9万円で買ったけど 昨日打ったら 
   球が非常に高く上がっては前へ飛ばない ロフトを起こ
   してくれないか サンプルはこのモデルのロフトどうりに
   起こすよう頼みたい!」

と そのメーカーカタログを一部出して 持ち込んだクラブのページと サンプルにするクラブのスペックが書いてあるページを見せられました。 持ち込まれたタイプは見るからにソール巾があって球があがり易く 打ち易そうなヘッドです。 カタログにもそう云うふうに特長が記載されており 言われる様に球が低く飛ぶようにするには

「ロフトを起こすしかないのかな?このままでも ええんと
   違うん?」

と 感じるのですが

「以前使っていたクラブより 飛ばないから!」 

と おっしゃいます カタログスペックでは既にストロングロフトになっていて これで飛ばないならば何度にしろとおっしゃっているかを サンプルのページに目をやると ヘッドタイプが違うだけに 少なくても2度、多い番手は4度起こす事となるモデルをおっしゃるのです。 

店 「ネックがおかしな具合になって構えて変ですよ グース
      がつき過ぎて・・ ネックが歪んでしまうから そんなに起
      こす事は・・・止めといたら?」

客 「ロフトを起こすとネックはストレートにならないの?」

店 「いいえ 反対でオフセットがきつく付くんですよ」 

と 客に勘違いが有ったとは言え 

店 「出来るだけ無理なく起こして 今日の夕方にやっておき
      ます」 

客 「すぐできないの?」

店 「スペックをすべて測って チャート表にして・・・・」 

客 「でも・・・わかった いいけど チューン代はいくら?」

店 「メーカーに持って行けば 只じゃないですか?でも せっ
      かく来てもらったし ヘッドの性能からして ロフトを少々
      起こしても球は 低くならないと思うんで じゃ半額!」 

と (値段の事は あまり言う気がしなくて) 
こちらからの提案に 夕方の来場を再度御願いする事となりました。
預か
ったクラブのチャートを終えてカタログスペックと見比べ 相変わらず量産品の宿命を感じる不出来な内容だと思いながら 次はカタログで サンプルにするクラブと じっくり照らし合わせて驚きです。預かったのは♯3〜Swの10本組で カタログのサンプルクラブが 11本組みで#3〜Swです。#3〜#8、9、10、11、Swで終わる10本組の筈が#3〜#8、9、10、11、Aw、Swの11本組みです! 最初の#3は1度違って(起きて)いるだけで #11では4度差があります サンプルは#11の次にAwが有ってSwで終わって11本組みです。 当初より「ショートゲーム用の番手はロフトを起こす必要が無い」 と 聞いていたので預かったクラブの#10までを チューンする事にしました。 時間の猶予は多少あるのでサンプルクラブのページをくまなく読んでマタマタ驚きです。 ナンとサンプルに提示されているクラブのシャフトのタイプ(種類)が違うとは言え 「10本組で 270万円!」の代物も用意されているのです 値段の分だけ さぞかし高性能なシャフトが付いているクラブだろうと考えるには あまりの値段の高さにキャッチコピーが “2番手良く飛びます!” と 書いてあるのは 先ほど計測した ロフトの異常な起こし方の内容と 11本組みにしないと ショートゲームがやり辛い事の代償を プレーヤーは何処まで理解と 了解をされるかが 当方は心配です。
ここまで記すと 当H.Pの読者は 「あのメーカーだな?」 とお考えでしょう それ自体が何処のメーカーであっても五十歩百歩で そう変わりが無いでしょう しかし 今回のポイントは

@     立派なカタログの高額な定価設定は一体ナンだったの
       か?買った安さは何で? 本当はいくらのクラブなの?

A     以前のクラブ同様に同じ番手が 飛ばないといけない
      のか?

B     既にオフセットがきついネックが尚更きつくなり 構えに
       くくなる。

C     サンプルのとうり最大で4度も動かす必要性は果たして
       あるのか?

D     サンプルはセットの11本目がSwで53度しかないのに
       持ち込み品は10本目でSwの56度の予定である。

E    既に 持ち込まれたクラブが カタログスペックと かけ
       離れた数値で仕上がっている。 その上アングルを捻
       ると(動かすと)非常に硬く 鋳造用の鉄で 折れる懸
       念がある

と いう大事な事由が有るのです。 参考に

A 持ち込まれたクラブの現状
B 持ち込まれたクラブのカタログスペック
C 予定されるのクラブのカタログスペック 

を記しておきます。

 

#3

#4

#5

#6

#7

#8

#9

#10

#11

AW

SW

21

22.9

26.3

29

32.5

35.6

39.1

43.2

46.2

 

54.3

20

23

27

30

34

38

42

46

50

 

56

19

21

24

27

30

34

38

42

46

50

53

 

考えさせられた 一日でしたが 皆さんも気をつけてください。