8月7日(木)

NO,123(最近あった仕事内容のこと マッチング@

 


 ある方の紹介で来られたお客様のお話しです 以前に一度様子見で来場された事があり当店へ来られるその直前、横行している車上荒らしに遭われ 生憎近々のプレイ予定もあり急いで大型ゴルフショップで買われたその店のオリジナルブランドで「イチオシ最新モデル」だったクラブセットをお使いのその方が 当店店主のクラブセレクト、セッティングの仕方、薦める方法や組み立て技法の考え方を聴いていただいた直後、その時の一言が
「もう少し早くギャレーヂを知っていればよかった」とポツリおっしゃった覚えがありました。それ以来の今回二度目の来場です 店主の申し上げたクラブ選びの説法が気に掛かり お使いのイチオシ最新クラブを診断して欲しいとの要望でしたのでプレイ先から送り届けていただきクラブセット全部の測定診断結果を聴きにお尋ねになられたのです。 
アイアンは非常に軽いシャフトが装着され(重量がS/Wで400gを越えない⇔従ってそう硬くない)しかも振動数理論がややバラツキはあるものの規格ではショートアイアンにかけて上がらず(硬くならず)一定の軟らか目でその数値を保ち、スウィングバランスだけはフローした増え方の一言で云えば“軽い割にヘッドだけが効いてロングアイアンとショートアイアンのどちらかしかタイミングが合わないかな・・・?とやや癖のある御老体用のアイアンクラブ”とジャッジしました。 かといってウッドは同様に軟らかいシャフトで やはり重量も随分軽い目の出来映えですが(ドライバーが286.2g)振動数は短くなってくると数値は上がり(硬くなり)インパクトのタイミングは軟らかいなりにクラブの長さに合ってくる気配の内用です。 お求めになる時「打ち易く、楽に飛んで軽いクラブ」がこのクラブセットに該当したようです 
通常では筋力の無い御婦人やジュニアが振ってもシャフトの軟らかいクラブはトップオブスイングからインパクトまでの長い時間が要する間(ヘッドスピードが遅いだけにゆっくりと)振動数は少なく 反対に男性で筋力がある方になればシャフトは硬く その時間は短い間にインパクトを迎え振動数は多くなる理論が成り立っているのです セットクラブで振動数に規則性が有るという事はドライバーが振動数で最も少なく(軟らかく)ウエッジ状の短くなったクラブが振動数では多く(硬く)なっていて 順次“クラブの長さが短くなる⇔振動数が増える”のが基本です。 店員は自社のオリジナルブランドでありながらアイアンの基本設計とウッドの設計が理論上違うコンビネーションを「セットです」と売ってしまっている様で店側のコンセプトやポリシーがどの程度のものかが到底この内容では計り知れません。
しかも普通薦めるプロの販売側から考えて 幾ら何んでもこれほど極端に軽く軟らかい しかもアイアンとウッドがコンビネーションせずウッドは殆ど曲がって飛び アイアンではロングアイアンが打てず(タイミングが合わない)ショートアイアンだけが漸く狙える球が打てるクラブセットをお使いかと心中は案じていました。(実際本人がそうおっしゃるのに間違い有りません) ところが御本人はきゃしゃな身体つきとお見受けしますしスポーツ歴を尋ねると 「夏はゴルフをしません」とお答えになるではありませんか 店主がお聴きしていてその理由が体力不足やプレイの対象が本格的とは無縁の様で 店主の私もその時までの心積もりは
「これくらい軽くて軟らかでも良いか?と思います」と返答する予定でした が しかし次の一言
「ソフトボールとテニスが忙しくて・・・ こう見えてもソフトボールじゃチョッとばかし・・・」と現況を聞くと夏場でゴルフをされるまでも無く実は体力勝負のアスリート派であったのです 
見た目で判断していた当方の浅はかな気持ちが恥ずかしく思えお詫びをすると共にクラブの吟味に及んでは 御本人がお盆前の時期で忙しい事と 休日は他のスポーツがシーズンで 当方が2週間預かって調整・チューニングする事になりました ところが作業順のとおりアングル調整しようとした時です アイアンのアングルは調整が不可能なステンレス製でロフト・ライを触れません。装着されているシャフトもビッグバット・ビッグチップのリシャフトでの汎用性がありません 当然グリップも内径の大きいグリップに限定されチューニングは手の出しようが有りません。如何したものかと考えているうちに約束のアイアンを作業後返納する日が来ました。
                                  続く・・・・