10月23(木)

NO,134 (ギャレーヂゲージは何処にある?

 


 当店のホームページをご覧になってその隅々まで、また一部だけでも熟読され、折り返し店主宛に問い合せメールやFAXをいただく機会が最近では随分多くなってまいりました。
その一つに一般消費者からお尋ねいただく内容が断然多く頂戴することは 当店の器材関係、特に“ゴルフギャレーヂ製アングル測定器”を購入いただいた全国各地の売り先々の場所、導入後に店頭で稼動している先が近隣に存在する場合 是非その店を尋ねたいという内容で、“御自分のクラブセットは果たして如何いう数値、アングルがギャレーヂ製の測定器が表記するか”を知りたくて 当方へお尋ねになって来られます。 
それは店主と致しまして甚だ光栄に存じ また既存の器材では測定しきれなかった
「過去に誤解され、すり替えられていた部分の解明」が一般消費者に周知されていく満悦感が内心に充足しております次第です。
特にサウスポーのプレーヤーや アングルのチューニングを既に他店でされていても納得、満足されず“クラブへの不安”を払拭したいプレーヤーにはご案内すると その後非常に好評を得ており お蔭様で口コミでの販売促進効果が益々望め嬉しく思うばかりです。「店主の日報ノート&独り言」を永くご覧の方々は 御理解いただけ店主の云わんとするタイトルその物の通り
多数のチュ−ンナップやリペア−、オ−ダ−を扱ううえで世間に出まわっているゴルフクラブの作り、出来映えや品質、用意 製作する側の思い、考えを論客ぶらずに記していこうと思い開きました。クラブ作りに拘りを持った職人気質の考えを、又この業界が世間に認知され取り残されぬよう一般消費者、ゴルフ業界の方々に啓蒙されればと考えます」
から派生した一連のチューニング技法を所望されて地元でのショップを探すヒント、場所を探られ問い合せて来られるようです。
店主自らがその都度返答するには それだけ紹介する責任を感じ、また相手方のショップ側に立っての考えも頭に入れなくてはなりません ところが未だ残念な事に日本でこの業界は非常に閉鎖的で技術・技法の公開が殆ど無く優劣を判断する基準自体がありません また御紹介するにも そのお店の方(オーナー職人)とは一面識があっても実際職人としての力量やチューンの薦め方がどれほどかは判断基準も当方からは無く 何ら異論も格付けも申し上げられないというのが私の本心であり ただ信頼がおけないという意味では決してないのですが・・・昨今の事情から非常に難しい局面でもあり 御紹介だけは簡単に出来ても御本人が要望される 当店のHPより派生した“チューンナップ”を期待されていても 当方では責任が持てなくなる場合を考えると適当にお教えするわけにも参りません故、思案ばかりが先行する難題な事柄であります 
従って以前から同じような問い合せをたくさん頂いた事がありますが その様な考えでおりますので なにぶん御理解いただければ幸いですし 実際に御自分の目で確かめ、御自分の判断で作業の依頼をされるか否かを 当HPも参考にされて御自身で熟慮されるのが一番良いと考えます。
いずれ近々に当WEB上で、当店の器材関係の何がしかを導入いただき 御活用いただいて 前向きな取り組みと、安心して作業依頼をしていただけるショップ、高品質な優良パーツを扱われる卸問い屋、同様に良いパーツを造られるメーカー・工場先様のリンクページを増やし(過去には一部HPをお持ちのショップに限定されたリンクのページが有りましたが)所在地、屋号、電話番号を一覧表にしてご覧いただける様に致しますので 御近所、近隣近県の先が どちらに存在するかを参考にされれば宜しいかと思います。