1月18(日)

NO,145 (年頭に店主の悩み事多き念頭の事柄

 


 新聞紙面を見ているとドキリとするような広告があります 端には小さく【全面広告】と断り書きは有るのですが ゴルフ好きの素人がぼんやり見ていると 新聞社が取材した記事と勝手な勘違いをして消費者は然も「素晴らしい飛びと方向性」の最新ニュースソースなる新型クラブと思うのでしょう
同じ内容で不安な要素が多い記事は週刊誌や月刊誌もおおよそ然りです 唯一の救いでは価格が自棄に安い事です が、一般消費者は案外“コレだけ安ければ駄目元で仕方ないか”と思い諦めがつき易い値ごろ感があるのかもしれません。 訴求されるクラブは価格が高いばかりで、飛ばず曲がって使い物にならない様では罪作りですが 当然紙面だけで納得の「怒号の飛び」や「驚愕の高反発力」が「紙上特別価格」で簡単に手にいれる事が出来ればそれはそれで素晴らしい事です
しかもそのキャッチコピーの殆どがヘッドの性能を謳ったもので 決してシャフトの性能には触れていません 触れたところで長さやバランス、硬さの「レギュラー・スティッフ」ぐらいの内容で難しいスペックの事には関知する事無く あげくは“東京都在住の誰々さんが使っています”やら“誰がどう打っても真っすぐ良く飛ぶ”様な気にさせてくれる紹介文ばかり書かれています。 なかにはアイアンのフェースが反発係数違反を採りいれ「二番手良く飛ぶ!」と書かれている紙面もありました アイアンクラブに飛距離だけを消費者は本当に求めているのでしょうか? グリーンを超えた奥のブッシュまで飛ぶアイアンクラブが必要とされているようでは寂しいかぎりです そこで抜け目なく他誌にはラフからピタリと止まってアプローチが決まるウエッジも次々売れているようではイタチごっこで消費者がたまったものではありません 「特別価格」で“型破りの飛距離の壁”を打破でき ショートゲームがミラクルショットの連発で グリーンにのってパターすれば直ぐ元値が取れる程ゴルフは簡単ではありません クラブの対価にして安いのか高いのかは紙面だけでは当方でも判断がつきません しかし万一一般消費者が「安い」と判断したが為に また「ちょっとの浮気心」が無駄な買い物を強いる結果となるのではないでしょうか
因みに先日、ある方のご紹介で初老のサウスポープレーヤーが来場されました 以前有名メーカーの最新型ドライバーを購入時、「最新モデル過ぎて値引きは出来ないとの事」をシブシブ承諾をされたものの 打ってみると同じ時季購入されたスプーンがドライバーより飛距離がでて打ち易い。「これでは遺憾!」とさんざん練習されているうち頼りのスプーンのシャフトが折れメーカーに持ち込むと実費修理を強いられ(前後の話しを聞いているとそれって責任修理と違うの?)結局ドライバーは今も使えずにお蔵入り寸前でした 今なお誌面で広告されている「飛ばない最新型ドライバー」でも、「飛ばない超人気シャフト」が着いていても、「旧タイプの良く飛ぶスプーン」が割引き価格で安く買え、実費修理のあげくにも、ゴルフ自体は楽しくされていました でも面白くないのはティーショット。悩んだ後にご紹介で最近来られましたが当店でもサウスポーの試打はありません しかし「クラブはシャフトありき!」を実践する為 当店では何方にも現状シャフトから見込まれる最適と思われるシャフトを3本にわたり仮装着して試して頂きます 右の方ならチタンヘッドが付いたドライバーのシャフト試打が70本強ありさんざん試打出来ますが 左用はありません しかしオリジナルシャフトにした甲斐あってダミーで試していただくシャフトも造ったマークすべて試打出来る態勢におろしてあります 実際「打って良かったら?如何でした?」を無条件で3本試して頂かないと ベストフィット新品シャフトは買っていただけません また買われる値打ちが安くても、有名でも、最新型でも意味がないと考えるからと云うポリシーに他なりません 
ここ数年、有料の広告掲載を当店は出稿致しておりません 先方から取材を受け記事掲載頂くか、専門・業界誌には年次的に、また以前よりお付き合いの有るタイアップ先に出稿する事はあっても「有料掲載」は控えるどころか経費面で効率が過去の実績からも捻出する要素は無しと判断して掲載はお断りしてきました 
そもそも全国紙に載る数々の「最新・最強クラブ」の紙面訴求では その対効果がドレほど見込まれているのでしょうか? 過去の経験からすれば掲載料と対売り上げ、利益率から計算して当然儲けが出て、手元にはいくらか残る計算がされている筈ですから 現物のクラブを見なくても品質、内容の良し悪しは想像がつくことはつくのですが…
お陰さまで今年店をあけてから既に何人もの来場者、来客が有りました 年明け、年頭という事もあって来ていただいた所以を今から思い出せば 一つは以前来場され、当店で既にお世話になった方々(作業依頼を頂いた方)の「ご紹介」を今回いただき来場頂いたお客様、若しくは当WEBサイトをご覧頂いてお越しになる方が大半でした 
紹介を受けて来場されると店主との会話や説明に納得のほどがうかがえます またWEBをご覧になり隅々まで熟読されてきた方々にも同様の様子がうかがえます 当店店主に信頼をおいて頂きクラブチューニングの大事さや難しさ アッセンブルの思慮深さや慎重さ リペアーの経験量や技法の豊富さ 数値測定の先見性や具体性 高精度の測定法や測定器材を如何に駆使して仕事、作業を進めて管理し得るか これらは基点となる数値の「測定」正確な数値に対して「管理」が基本と成り得ているものであり「測定基準となる原器のあるべき姿」が当店に存在していればこそと考えます 
当ホームページもこの2月が来ると開けて丸3年を迎えます こんな調子でこの一年も更新していくかと思うと幾分残念な念頭でもあります しかし3年で約六万件ヒットして頂ける読者の方々に変わらず精一杯警鐘を発していく考えでもあります。