10月26日(金)

 NO,035 (最近多い問い合わせの内容 そのA

 

当店に最近 電話での問い合わせで ロフトやライのアングル調整に係わる値段、費用の事で たくさん頂戴するようになりました。 「いくらですか?」に今回は店主が遇えて返答します。 何故なら世間一般の数多くあるチューンナップ工房がロフト、ライ調整をあまりにも安く すぐその場で簡単に出来、仕上がる内容だと説明されている多くの事が気がかりになったからで 当方店主が都度電話で調整の説明や手順、内容、値段を案内する事に時間がかかり 実際はそれだけの時間を要し、大切で繊細な仕事の内容であり 慎重にされるべきアングル調整の費用、値段設定が消費者に一方的な値段だけでの誤解があってはいけませんので その例を記します。

   「ロフト、ライ角度を調整するのはいくらですか?」

店主 「一本一方向¥1000ですから二方向で¥2000 セッ
         トが十本でしたら¥20000です」

客   「ロフト、ライ角度だけで一本¥2000ですか?」

店主 「 ロフトだけ、ライ角調整だけでも まずアングルを測定
         して 他にもプログレッションやソールアングル、 重心ア
         ングル バランスや長さなど アングルを動かして変位
        のあるスペックを計測、数値管理出来る様にしてからの
        調整になります。それをしないで 後日になってロフトだ
        けや ライのみ 若干の変更、アジャストとなると 最初に
        数値化しておかなければ後になって管理ができません
       それに振動数やセンターフレックス トルクのイレギュラー
        な部分があるとセットの中でその番手だけライ角を また
        ロフトを本来どうすれば良いのかを考えてから調整しない
        と…かえって数字をあわせる事が無意味な事も有るので
        す 過去にはネックの鉛を抜いてバランスを調整する本
        来の手順で ライ角やロフトのアングル変更に及ばなくて
        も 十分良くなった例もありますから…まず、そういう観点
       からも拝見するべきですから現物をセットで全部預かって
       調べてから返答しますが… それとフェースの“カブリ”(日
       報ノート
NO、33と34で解説済みの内容を簡単に説明し
       て)が有ったりして実際にフラットライでも“抜けが悪い、引
       っ掛かる”ならフェースを開いてからロフト、ライアングルを
       動かすと一本¥4000です 
測定だけで1時間から1時間
       半時間を要しますので 具体的な調整の仕事はその内容
       をよく吟味、打ち合わせをして・・・今からですと測定する
       のはクラブをお預りして明日の返答になりす。調整はそれ
       からと言う予定で・・・」


   「また行きます。場所は 定休日は?…」

 こう言ったやり取りを経て来られる方は実際には半分くらいでしょう。 インターネットや週間誌の紙面上で値段を調べると 恐らくロフト、ライ角の調整は1セットで¥5000から高くても\10000 中にはセット全部で¥3000という お店も有るようです。あまりの安さに当店と致しましては どんな器材をどの様な方法で測定、調整され 後々まで管理されているのか非常に心配で興味深い事でもあります。 またこんな問い合わせも過去からは十数件ありました。 
 「ロフトを全番手2度か3度ずつ起こして(立てて)飛ぶように
   して欲しいんだけど費用はいくらで持って行ったらすぐに仕
   上げて貰えますか?」
 この問い合わせの内容は 費用がいくらかかるのかを説明させて頂くそれ以前の問題です。 我々調整する側としては安く請け負っても 値段を法外に頂けても(当店ではそのような事は致しませんが) 少なくともプレーヤーの言われるままにロフトやライを動かせば良いのか 良いと言われるまで動かし続ける必要が有るのか  無理な角度にまでネックを捻り上げ 単純に球が飛ぶようになったと答えを出せば良いのか 何度のクラブを何度どう動かしたのか 前後の番手やコンビネーションを見極めながら数値管理と共に 精度高く、本来プレーヤーが求め必要とする ベストなフィッテングを どれだけシビアにできれば いくらの費用を頂戴して良いか? 今後世間のチューンナップショップに また当店に求められる難しい問題と思い
考えます