3月13日(火)

  NO,002  (店員さん×2の一言)

 


当店に以前何回か来られてアイアンをお作りいただいた事のある初老のお客さまが先日、久し振りに真新しい2本のドライバ−を持ってこられました。その方のここ最近一ヶ月間ほどのおはなしです。
その方はある会社の経営者で営業まわりをされる折り同じ道をよく通られるそうです。最近は道順を違えたのでギャレ−ヂに来ようにもご無沙汰のようでしたが、この間たまたま いつも素通りする信号が“アカ≠ナ止まり偶然右手にあったのが パーキング付きの大きなゴルフショップでした。右折して店内へ・・・。以前より距離が出なくなってきたウッドが気にいらず当店製作のアイアンに比較してティ−ショットがイマイチなのをいつものライバルに冷やかされっぱなしではなおさらです。広い店内を一周して待ち構えていた店員さんに

 客  「良く飛ぶウッドはどれ?」
店員 (間髪を入れず)「これですネ。」 とニンマリ。
 客  「評判いいの?」
店員 「そりゃもう皆さん最高だと。いや本当は入荷一ヶ月待ち
         が当たり前ですけど今うちには偶然この一本があるん
         で・・・」

今度は客が間髪を入れずに 「それ頂戴!!」と相成ったそうです。  ところがそのドライバ−は以前から使用していたクラブより飛ばないわ 曲がるわでひどい目にあわれたそうです。それも自分の打ち方だろうと奇特、殊勝なことに二週間ほど練習場でずいぶん打球されたそうです。 
これだけでもよくある事ですが・・・おはなしはそれだけで終わりません。
以前にも増しライバルの口撃(攻撃)が多くなってきたここ最近、また偶然に例の信号で止まったらしいのです。飛ぶドライバ−を悩み探し求めて一ヶ月あまり、普段は懲りたら二度と繰り返す事のない方がなぜか吸い込まれるように右折して店内へ・・。例の店員さんはその日休みかして見当たらず待ち構えていた他の店員さんについ聞いたそうです。

 客  「良く飛んで曲がらないウッドはどれ?」
店員 (下から上へ食い入る目つきで数秒後) 
    「これですネ。」とニンマリ。  

指差したドライバ−は以前そのショップで薦められ買って苦労したモデルとは違って、その時発売前の今盛んにテレビでコマ−シャルやってる最新型。今度は客が店員を下から上へマジマジ食い入る目つきで

  客  「本当?評判いいの?」
店員  「プロも使って絶好調だし 今だったら新製品キャンペ−
          ンで2割引 それに抽選で・・・」
  客  「まっいいけど その横にあるのはどう?」と 例の店員お勧めの以前ここで買ってだめだったドライバ−を指して聞かれたそうです
店員  「これお客さん 飛ばないしそんなに評判良くないでし
          ょ。今どんなの使っててもこっちがいいと思いますよ。
         飛ぶわ曲がらないわで、雑誌で話題 ですよ。テレビ
         でCMどんどんやってるし・・・」
  客  「うん わかった 買っとこう でも・・・」
店員  「でも なんですか?」
  客  「いいよ いいよ 買っとこう」

その後の事はギャレ−ヂのホ−ムペ−ジをご愛読の方はご想像どうりです。
結果は以前より使っていたドライバ−に何としてもかなわず 一週後にその2本目のドライバ−もお蔵入りしたそうです。
お金には不自由のない方だけに中古ショップには持っていかず、私方にアイアンとのマッチングをたずねにこられた訳です。一部始終聞き終えてギャレ−ヂ店主の返答が、数値計測の結果より先にひとこと

店主  「そんな無責任な売り方をする業界ですいません。」  

とだけ申し上げるのが精一杯でした。