3月30日(金)

 NO,004 (大繁盛の試打会・・・だった・・・その1

 


春らしくなった先日、その方はいつもの練習場へ行ってみると “A社2001年ニューモデル試打会”の真っ最中でした。以前より気持ちのどこかでドライバーさえ調子が良ければスコアーも40台が・・ と思う気持ちに係り員が勧めるまま 次から次へとドライバーを打ち続けたそうです。ホドホド疲れて やっぱり自分の腕か?と思ったその時 つい手にした何本目かの試打クラブが何で?どうして?打てば打つほど 当たるわ 飛ぶわ 曲がらず 振りやすいとなればボールの行方を見ていた周りの馴染みの人の目もあれば「お囃子」も入ってもう買うしかないわ。で即ご購入となったのです。ところが大盛況のあまり お気に入りのそのクラブは在庫がなくなってしまって入荷後の連絡待ち という事になりました。あまりの調子の良さに会場でその試打ドライバーをたくさん打ったその方は気持ち良くアプローチの練習だけをすませその日は意気揚々と帰られたわけです。
 そして数日後「用意出来ました」の連絡。早くて良かったと早速練習場へ・・・ところがどうした事か例のドライバー 打っても打っても何で?何で?ギャラリーがいない為?ちょっと寒いから?チカラが入りすぎ?・・・オカシイ おかしい 変だ 違う・・・
試打した時はフェードがきれいに続けて打てて飛んでいたのに今日は上手く当たってもドロー気味にあまり距離もでません。
自問自答を繰り返しその日は何だか疲れきって家路につきました。すっきりしない気持ちと二ヶ月分の小遣いがこのドライバーに費やした事で次のゴルフに重くのしかかりこれでは釈然としません。 クラブをじっくり眺めて思い出すと試打したやつは確かに45インチのRシャフトでバランスが・・・「アレレ 違う」
そう 確かに違うのです。フェースの向きが左を向いているのです それはいくらその方がアベレージゴルファーだからと言っても 明らかに左を向いているのが判る程試打クラブとは違っていた様です。その後 例の練習場や他のショップで同じスペックのクラブを構えてみるとそれぞれ少しずつ あるいは結構フェースの向きが違う事に気がつかれた様です。
これを読んで皆さんもこういう経験はありませんか?

○試打して買っても結局打てないでお蔵入り。
○知り合いのクラブが全く同じでそれはうまく飛ぶのに本人の
   は飛ばないでダメ 交換してヨと頼まれる。
○クラブを買い換えて20ヤード飛ぶようになったアイツと同じの
   を買ったけど、買った僕のはそんなに飛ばない,借りて打った
   らすっごくよく飛ぶのはどうして?
○店頭のクラブ ワッグルしただけで硬さの違いが感じられるけ
   どどっちもRシャフト?
○折れたシャフトが修理してから何か変だ。
○A社のレギュラーフレックスシャフトが軟らかいので違うB社
   のスティッフフレックスにしたら硬すぎて打てない。
○ゴルフ週刊誌の試打評価じゃ誰が打ってもピッタシのはずな
   んだけど・・・。

などで悩まれたことはありませんか?
これらはゴルフ業界が抱えている品質 規格を問われると未だ恥ずかしい未整備な部分なのです。

「日報ノート&独り言」は当分の間 これらの事について記していこうと思います。