6月13日(水)

 NO,016 (ご婦人用の別注クラブ...そのA

 


以前女性がクラブ相談に来られました。
毎年関西女子アマ選手権も出場されるアスリートゴルファーのこの御婦人は、市販品の高級クラブセットを使用されていました。
今一つアイアンの安定性に欠けていてセカンドショットの出来、不出来でその日のスコアの大部分が決まるそうです。
お話しを聞いてるとドライバーの飛距離は他のプレーヤーにはそんな引けを取らないのですが、ちょっとぶれてラフ、セミラフにつかまるとパーオンはおろかボギーオンも苦労すると言う事でした。
結果から申します。当店の判断では 
 
@ クラブの長さが短い #5アイアンで37インチ 
 A スウィングバランスが軽い #5アイアンでC1.5 
 B トータルウェイトがプレーヤー自体の体力、筋力以上に随
       分軽い#5アイアンで368.4g 
 C シャフトが硬すぎる(フリクエンシー、センターフレックス、ト
       ルク等)
全てはラフやディボット又、プレッシャーのかかる時に、相乗的なこれらの要因の為 強く、きつくヒットすると本来の飛びがこのクラブセットには望めないということでした。
又、ショートゲームは手先の小さな筋肉に頼りすぎてコントロールがつかないし、女性用クラブだからといって画一的に長さを随分短くする為、無理な姿勢のセットアップが必要になり、筋力があっても妙に軽いばかりのスウィングバランスやトータルウエイトの為 又、反対に短く軽い為シャフトの撓りは殆ど使えず 本来のスウィングがしづらくボールコントロールは非常に困難と判断しました。
過去にもあるメーカーの女性用のクラブセットをチューンした手法として、まずグリップを取り去りシャフトを約1インチづつ伸ばしグリップを手に合わせ太く新品を差し ロフト、ライアングルのチューンをする(当然ネックのバランス合わせの為の鉛は全て取り去る)すると私が考えるアスリート女性ゴルファーにはピッタリのセットに変身しました。
世間の女性ゴルファー全てがそうとは限りませんが、学連の方々や女子研修生、競技志向のレディースゴルファーの方々 クラブの大切さは【腕】の比ではありません。
市販品の有名高級ブランドにこだわらず 又、『別註クラブ』だけで満足せず “本来の魔法のツエ” を探求して下さい。